畦地梅太郎【よろこびの親子】木版画 額装

畦地梅太郎【よろこびの親子】木版画 額装

販売価格: 0円(税込)

畦地梅太郎【よろこびの親子】木版画 です。

畦地梅太郎は、山をこよなく愛し、山岳風景や山に生きる人々を独特な絵柄で木版画作品にして発表し、
日本を代表する「山の版画家」として知られています。
素朴ながら表情豊かな山の親子は、見ているものをほっこりさせてくれます。


畦地梅太郎:【画歴】
1902年(明治35年)12月28日、愛媛県北宇和郡二名村(現宇和島市三間町)に生まれる。
1920年(大正9年)に上京、その後、内閣印刷局活版係の職に就き、仕事の空き時間に鉛版画を始める。
1936年(昭和11年)、初の版画集『伊豫風景』を発表。
1937年(昭和12年)、国画会展で国画奨学賞を受賞(1940年には、2度目の受賞)。
1953年(昭和28年)ごろ 山男を題材にした作品の制作を始める。
1973年(昭和48年) 愛媛県立美術館で「とぼとぼ50年展」を開催。
1976年(昭和51年)から東京都町田市鶴川に転居。1991年(平成3年)、町田市立国際版画美術館で畦地梅太郎版画展開催。
1999年(平成11年)4月12日 、肺炎のため永眠(享年96)。
2001年に鶴川のアトリエを改装し、畦地梅太郎ギャラリー「あとりえ・う」として公開されている。

- 状態 -
額に経年のスレ・汚れ、マットに色褪せ等見られます。
作品には経年による日焼け等見られるものの、状態は概ね良好です。

- サイズ(約) -
「作品」 縦…24cm 横…18cm
「額」 縦…40.5cm 横…31.5cm

作家名:畦地梅太郎
作品タイトル:「よろこびの親子」
技法:木版画

Facebookコメント