岡本太郎 太陽の塔 当時物 陶器製 EXPO'70 大阪万博

岡本太郎 太陽の塔 当時物 陶器製 EXPO'70 大阪万博

販売価格: 0円(税込)

岡本太郎 太陽の塔の模型です。(本体は陶器、台は木製)
EXPO'70大阪万博の時作られた当時物です。

太陽の塔は、芸術家の岡本太郎がデザインし、1970年に開催された日本万国博覧会のシンボルゾーンにつくられました。
塔の頂部には金色に輝き未来を象徴する「黄金の顔」、現在を象徴する正面の「太陽の顔」、過去を象徴する背面の「黒い太陽」という3つの顔を持っています。


陶器の質感と時間を経て変化した色あいに味わいがある品です。

状態は、本体に経年によるシミやスレがあります。台も傷みあり。画像にてご確認の上、予めご了承ください。

土台を入れた高さは約17.1cm。重さは約140gです。

Facebookコメント