東郷平八郎 【此一戦】 アンチモニ製 銅像 置物

東郷平八郎 【此一戦】 アンチモニ製 銅像 置物

販売価格: 0円(税込)

東郷平八郎 【此一戦】 アンチモニ製 銅像です。


鹿児島生まれ。海軍軍人。父は鹿児島藩士。戊辰戦争に従軍。維新後、明治4年(1871)にイギリス海軍に留学。帰国後、海軍中尉となる。日清戦争では浪速艦長として活躍。その後、海軍大学校長、常備艦隊司令長官、舞鶴鎮守府司令長官等を歴任し、日露戦争前の36年(1903)に連合艦隊司令長官に就任。日露戦争ではみずから主要作戦を指揮し、バルチック艦隊を日本海海戦で全滅させた。大正2年(1913)元帥。3年(1914)から7年間東宮御学問所総裁をつとめた。海軍の長老として昭和期になってもその影響力が大きかった。

有名な戦艦三笠でのバルチック艦隊を迎え撃つ際のポーズです。
神奈川県横須賀市の三笠公園や長崎県佐世保市の海上自衛隊崎辺基地にも似た像が建っております。
(詳細・画像はこちら


台座正面には『此一戦』、裏には『東郷写真工業株式会社』と記載があります。

経年の汚れ・色あせ・剥がれ等ございます。ご了承下さい。

サイズ(約):25.5cm、 横10.5cm、 奥9.3cm

他の写真

Facebookコメント